副鼻腔炎 熱 続く

熱などの症状が続く副鼻腔炎について

スポンサーリンク

副鼻腔炎とは、副鼻腔に炎症が起きている状態ですが、原因は、風邪やアレルギーなどです。
風邪やアレルギーなどによって、副鼻腔の出入り口が塞がれてしまい、炎症が起こります。
初めは風邪のような症状が出ます。
その後、鼻水、鼻づまり、頭痛、顔面が痛くなるなどの症状が続くことがあります。
また、副鼻腔炎には、急性と慢性があり、急性副鼻腔炎の症状では、顔面が痛くなることと、発熱が特徴的です。
その他には、臭いが分かりにくいと感じたり、鼻の中が臭いと感じることもあります。
このような症状が挙げられますが、症状のあらわれ方は人によって違います。
鼻水が出ないこともあります。
熱が出ることもありますが、微熱が続くこともあれば、高熱が続くときもあります。
急性副鼻腔炎では、熱が出ているときは、炎症が広がっている可能性があります。
放っておくと、重症になることもあります。
中耳炎や他の場所が病気になることもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

風邪などがきっかけで副鼻腔炎になることが多く、鼻水や鼻づまりが続くときは受診した方がいいです。
病院での治療は、まず鼻の中をきれいにする処置を行います。
その後に、抗生物質が入ったネブライザーを行います。
鼻の粘膜に効く薬と抗生物質を服用します。
急性の副鼻腔炎では、原因となる細菌を、抗生物質を使用して死滅させます。
この治療の効果がなかったり、症状が繰り返し起こると慢性副鼻腔炎となります。
慢性では薬の使い方が少し変わります。
マクロライド系の抗生物質を少量服用を続けます。
この治療法では、抗生物質のもつ抗菌以外に、粘液分泌を抑制する効果を利用します。
この治療法でも効果がないときは手術を行います。
副鼻腔炎は、早めに治療を開始することで、悪化を防ぎ、短期間で治すことができます。
鼻水や、熱、頭痛が続く時は、病院を受診するべきです。
副鼻腔に炎症が起きていても自覚症状がないこともあります。
頭痛が続くことで検査を受け、副鼻腔の炎症が発見されることもあります。

スポンサーリンク