副鼻腔炎 歯痛 いつまで

副鼻腔炎による歯痛がいつまで続くかは、状態によって違ってきます

スポンサーリンク

鼻は、顔の中央部に位置していますが、内部では他の組織ともかなり密着した状態になっています。
鼻に関する病気として、副鼻腔炎などがありますが、発症すると、思わぬ箇所にも影響が出る場合があります。
 副鼻腔炎は、鼻の奥にある副鼻腔という箇所に、細菌などが混じった膿が溜まってしまう鼻の病気です。
膿は、副鼻腔に溜まる状態になりますが、一部はドロッとした鼻水などで排出される事もあります。
風邪を引いたりすると、鼻水が多くなり、喉にも下りてくる事を経験する事があります。
鼻は、様々な箇所と繋がっているため、細菌が歯痛となって出る場合もあります。
歯痛ではありますが、根本の原因は副鼻腔炎という事があります。
いつまで歯痛が続くかは、副鼻腔炎の治療の具合によるといえます。
 やはりいつまで歯痛が続くかを考えるより、まずは耳鼻科のクリニックなどを受診して、副鼻腔炎の治療を行う必要があります。
鼻の症状が適切に治療されれば、歯痛の症状も改善してくる事が多くなります。
鼻の状態を把握する必要もありますので、気になる場合には、いつまで治療が必要かなど、耳鼻科の医師に相談する事もできます。

スポンサーリンク

 副鼻腔炎が原因で、歯痛が発生する事があります。
特に上の歯は、鼻の内部と近い位置関係にありますので、歯の根っこ周辺組織に影響する事があります。
いつまで症状が続くかは、鼻、歯、両方の症状を判断する必要もあります。
元々、虫歯などがある場合には、やはり虫歯の治療を行う必要もあります。
虫歯は、放置しておくと、神経や根っこの部分まで進行する事もあります。
根っこの方に虫歯が及ぶほど、歯痛なども酷くなるというケースが見られます。
いつまで痛みが続くかは、まずは虫歯の治療を適切に完治させてからの判断になります。
 歯科での虫歯治療が終了してから、耳鼻科のクリニック等で副鼻腔炎の治療をするなどもできます。
虫歯、更に鼻からの菌などが歯痛に影響している場合には、双方の状態改善を望むしかありません。
いつまで痛みが継続するのかについては、鼻と歯の改善状況によるという事になります。
いずれにしても、治療には多少時間を要する事になりますので、根気よく完治に向けて治療を継続する事が大切です。

スポンサーリンク