副鼻腔炎 症状 鼻水でない

副鼻腔炎の症状では鼻水でないこともある

スポンサーリンク

一般的には、副鼻腔炎という病名を聞くと、鼻水が出ることを想像します。
ですが、副鼻腔炎の症状は鼻水が出ないこともあります。
鼻水でないと思っていても検査をしたら、副鼻腔に膿がたまっていることもあります。
副鼻腔炎は、炎症が起きている場所によって症状が変わることがあります。
炎症の状態では、鼻水は出ないのです。
よくあるのは、頭痛です。
頭が痛かったり、頭が重いと感じるなど、風邪のような症状が出ます。
なかなか治らず、CTを撮ったところ、副鼻腔炎が原因であったということが多いのです。
鼻水でないということがあったため、発見が遅れます。
副鼻腔炎の症状に、鼻水でないということも覚えておく必要があります。
また、鼻水でないと感じていても、鼻がつまったような自覚症状がある人も多いようです。
副鼻腔に膿がたまっていても、出入り口が塞がれてしまっているので、鼻水でないという症状が起きています。
その他には、臭いの感じ方が変わったり、味の感じ方も変わることがあります。

スポンサーリンク

副鼻腔炎は、花粉症などのアレルギーや、細菌によって起こります。
治療には、抗生物質を使用します。
慢性の副鼻腔炎になってしまうと、治療は長期間かかります。
通常、治療には、1ヶ月や2ヶ月ほどかかります。
ほとんどの人が投薬治療で治すことができますが、投薬治療の効果がなかったときは、手術による治療を行います。
手術の方法は、病院によって違うこともあります。
内視鏡による手術を行う病院もあります。
また、全身麻酔をする場合や、局所麻酔で行う場合もあります。
日帰りでできる手術もあります。
このように、治療には時間がかかり、手術が必要になります。
鼻水や鼻づまりが長期間治らないときは、受診するべきです。
また、子供の場合、口呼吸をしていたり、鼻をすすっているなど、普段の様子で変わったことがあれば受診するべきです。
また、鼻水でない場合もあります。
頭痛や、顔が痛いといった症状も副鼻腔炎の特徴です。
症状が長引くと感じたら副鼻腔の炎症を疑ってみるべきです。

スポンサーリンク