副鼻腔炎 熱 続く 下がらない 原因

熱が下がらないなどの症状が続く副鼻腔炎の原因や治療について

スポンサーリンク

副鼻腔炎の症状には、鼻水や鼻づまりなどが続くことが多く、その他にも、発熱や頭痛、顔面の痛みなどがあります。
風邪がきっかけで起こることが多く、その他には、インフルエンザやアレルギーなどでも起こることがあります。
風邪の原因となる細菌が副鼻腔に入り炎症を起こすことで鼻水や熱が出ます。
急性の副鼻腔炎では、顔面の痛みや、発熱が続くことがあります。
熱が下がらないのは、炎症の範囲が広がっていることが原因でもあります。
熱が下がらないからと解熱剤を使用しても、原因が治らないと下がらないです。
また、熱が、風邪で下がらないのかインフルエンザで下がらないのか、副鼻腔炎で下がらないのかによっても対処法が変わってきます。
副鼻腔炎になっていても、特徴的な症状が出ないこともあります。
例えば、ひどい頭痛が続くために、検査をしたところ副鼻腔炎が原因であったといことも少なくないです。
鼻水や、咳、臭いの感じ方に違和感があるなど、症状が続くときは検査をした方が良いです。

スポンサーリンク

副鼻腔炎の治療は、まず鼻の中をきれいにする処置を行います。
その後、抗生物質の入ったネブライザー治療を行います。
鼻の粘膜に効果のある薬や、抗生物質の服用で治します。
急性副鼻腔炎では、抗生物質をしっかり使い、原因となる細菌を死滅させます。
人によっては抗生物質が効かなかったり、鼻水などの症状が続くことがあります。
慢性になると、治療方法が変わります。
マクロライド系の抗生物質を少量で長期間服用します。
マクロライド系の抗生物質には、少量で使用すると、過剰な粘液の分泌を抑制する働きがあります。
その働きを利用して治療します。
以上の治療法でも効果が薄いときは、手術による治療方法が行われます。
全身麻酔で、内視鏡で行います。
内視鏡なので、体への負担は少ないです。
このような、原因、症状、治療法があります。
副鼻腔炎にならないようにするためには、風邪など感染症にかからないようにすることです。
また、鼻水などが続くときは早めに治療を開始することで重症化を防ぐことができます。

スポンサーリンク