副鼻腔炎 飛行機 激痛 悪化

飛行機で激痛が走り、悪化する副鼻腔炎について

スポンサーリンク

通常の副鼻腔炎とは、蓄膿症とも呼ばれる鼻の病気であり、鼻の奥にある副鼻腔という器官に細菌が侵入し、副鼻腔の粘膜が炎症を起すことで発症します。
炎症を起こして、副鼻腔に膿がたまるようになります。
そもそも副鼻腔は空洞であり、そこに膿がたまってくると神経が圧迫されて顔面に痛みが生じるようになります。
 通常の副鼻腔炎とは異なり、航空性副鼻腔炎という副鼻腔炎が存在しています。
航空性副鼻腔炎とは、文字通り飛行機になっている時に、副鼻腔の内部の気圧と飛行機内の気圧差によって生じるものであり、頬や眼の奥に激痛を感じるというのが特徴的な症状となります。
 特に飛行機の下降中に、顔面に激痛を感じるようになりまし、飛行機に乗って高度が上がり気圧が低くなった時にも悪化します。
副鼻腔内の気圧の調整がうまくできない時に発症しやすくなり、具体的には、風邪や鼻炎などで鼻が詰まっている時や、体の免疫力が低下してる時などに症状が悪化しやすくなります。

スポンサーリンク

 飛行機が原因の頭痛は、普通の頭痛と比べると耐え難い激痛であり、たびたび頭が割れるような激痛だと表現されています。
前述しましたように、航空性副鼻腔炎は、飛行機が離陸している時もしくは着陸態勢で下降している時に悪化し、耐え難い激痛が顔面に走ります。
急激な気圧の変化で副鼻腔の自然孔が閉塞してしまうことが原因で、気圧差が生じるために激痛が現われます。
 航空性副鼻腔炎の対処法としては、気圧差をできるだけなくすということです。
気圧差をなくすことによって、悪化するリスクを回避することができます。
具体的には、飛行機に乗る時には耳栓を使用したり、ガムを噛むといった方法が有益です。
副鼻腔炎に罹患している方は悪化しやすいので、可能な限り飛行機に乗らないようにするというのも対処法となります。
副鼻腔の自然孔が閉塞してしまわない状態であれば、症状を悪化させることはありませんので、鼻の通りを良くしておくことが重要となります。

スポンサーリンク