副鼻腔炎 発熱 対処

発熱などの症状が出る副鼻腔炎の対処について

スポンサーリンク

副鼻腔炎は、風邪がきっかけで起こることが多いです。
風邪により、副鼻腔の出入り口が塞がれてしまい、炎症が起こります。
症状は、鼻水や鼻づまり、頭痛や顔面の痛み、鼻の中が臭いと感じたり、嗅覚が鈍くなる、鼻水が喉に落ちることで痰や咳が出るなどでです。
副鼻腔炎には、急性と慢性があります。
急性では、発熱することがあります。
発熱しているときは、副鼻腔炎の炎症が広がっている可能性があります。
発熱したときは、解熱剤を使用します。
一時的に熱は下がっても、副鼻腔炎が治らない限り、再び発熱してしまいます。
また、風邪の発熱なのか、インフルエンザの発熱なのか、副鼻腔炎の発熱なのかで対処法がかわってきます。
いずれにしても、早めに受診した方がいいです。
この他にも、咳や、目やになどの症状が副鼻腔炎にはありますが、咳止めや目薬などの対処法を試しても、副鼻腔の炎症を治さないと効果がないものもあります。
重症化を防ぐためにも、正しい対処法が必要です。

スポンサーリンク

副鼻腔炎と診断されたら、まず、鼻の中をきれいにする対処法を行います。
その後、抗生物質が入ったネブライザー治療を行います。
抗生物質を服用する治療を行います。
抗生物質は、急性の場合は、ペニシリン系、セフェム系、キノロン系を使用します。
慢性の場合は、マクロライド系の抗生物質を少量で長期間使用します。
この方法だと、抗生物質の抗菌作用の他に、過剰な粘液の分泌を抑える働きを利用して治療できます。
以上の対処法でも効果がないときは手術による治療が行われます。
昔と違って切開することがなく、内視鏡で手術を行うので、体への負担が少ないです。
通常は全身麻酔ですが、病院によっては、局所麻酔で日帰りで行うところもあります。
このような症状と対処法があります。
副鼻腔炎にならないようにするには、風邪やインフルエンザなどの感染症にならないことです。
鼻をきちんとかむことも大切です。
鼻水などの症状が長引くときは受診をし正しい治療法で治すことが必要です。

スポンサーリンク