副鼻腔炎 咳 感染 原因

風邪などの感染が原因で起こる副鼻腔炎の咳などの症状について

スポンサーリンク

副鼻腔炎が起こる原因には、風邪などの感染が挙げられます。
その他には、インフルエンザの感染や、アレルギーの鼻炎なども原因です。
これらの原因により、細菌感染が起き、副鼻腔に膿がたまった状態が副鼻腔炎です。
症状は、鼻水、鼻づまり、頭痛、顔面の痛み、発熱などがあります。
また、鼻水が喉に流れることで、咳や痰が出ることがあります。
副鼻腔炎により、膿がたまると、鼻水が黄色く粘りのある状態になります、それが喉に落ちることが原因で、痰がからんだような咳が出てしまうのです。
副鼻腔炎のこれらの症状は、風邪と似ているために、発見が遅くなり、間違った対処法をとっていることもあります。
副鼻腔炎の痰と咳には、咳止めを使用しても効果がないのです。
風邪が長引く時は副鼻腔の炎症の可能性があります。
また朝になると、痰が絡んだ咳が出ることも副鼻腔の炎症によるものと考えられます。
病院を受診し、正しい治療法を行うことで、早く治すことができます。

スポンサーリンク

副鼻腔炎には、急性と慢性があります。
急性では、熱や顔面の痛みが出る特徴があります。
病院では、鼻の中をきれいにする処置が行われます。
その後、抗生物質が入ったネブライザー治療をします。
飲み薬には抗生物質と、粘膜に効く薬を使用します。
これらの薬の効果がなく、鼻水や咳が続いている場合は、慢性となっている場合があります。
慢性になってしまったときの治療には、マクロライド系の抗生物質を使用します。
クラリスという薬を使用することがあります。
クラリスは、色々な病気に使用される抗生物質で、ウイルスには効果がありませんが、細菌の二次感染やその予防に使われる薬です。
この薬を少量で長期間使用することで、過剰な粘液の分泌を抑制することができます。
この方法でも効果がないときは、手術による治療を行います。
このように、風邪などの感染が原因で副鼻腔炎が起こるので、予防するには風邪やインフルエンザに感染しないようにすることです。
また、咳がでるときは、原因に合った対処法が必要です。

スポンサーリンク