副鼻腔炎 症状 原因 市販薬 治療

副鼻腔炎の症状や原因、市販薬、治療などについて解説します。

スポンサーリンク

「風邪をひいたなぁ」と思っていても症状は鼻に出ているだけ…。
そんな場合には副鼻腔炎の可能性もあります。

 

あまり聞きなれない言葉だと思いますが通称「蓄膿症」です。
蓄膿症と聞くと聞きなれていると思います。

 

当サイトでは副鼻腔炎についての情報を発信しています。
このページでは基本的な知識についてお話していきましょう。
また他のページでも掘り下げた情報がありますのでそちらも合わせてご覧ください。

 

 

【副鼻腔炎とは!?】
4つある副鼻腔のどこかが炎症を起こすことによって膿が溜まる病気です。
ウイルスや細菌に感染することによって炎症が起こります。
炎症が起こることによって鼻水や膿などが自然に排出することが出来なくなります。
そうなると慢性的に炎症が起こってしまいますので慢性副鼻腔炎と呼ぶようになります。
急性のものを急性副鼻腔炎と言います。

 

「副鼻腔とは?」
鼻腔というのは空気の通り道になり、空気を温めたり加湿したりする働きがあります。
副鼻腔というのは計4つの部位からなっています。

 

・前頭洞…鼻の上から額辺りにかけて位置する
・篩骨洞…前頭洞の死体に位置しており目と目の間
・蝶形骨同…篩骨洞の奥に位置している
・上顎洞…目の下から頬にかけて位置している

 

これらのいづれかに炎症が起こることによって膿が溜まります。
副鼻腔の役割というのは詳しくは解明されておりませんが顔の衝撃を和らげたり声をきれいに通すなどと言われています。
そこには線毛と呼ばれる細い毛が生えており、埃やウイルス、最近などの異物を粘液と共に外に出す働きがあります。

 

【原因】
上述したように風邪などのウイルス、その他の細菌などに感染することによって炎症が副鼻腔までに及びます。
また咽頭炎や扁桃炎などの影響によって起こる場合もあります。

 

感染が原因ではない場合にはアレルギー性鼻炎や気管支喘息、アスピリン喘息でも起こる可能性があります。
他にも飛行機や潜水などによって副鼻腔内の気圧が急激に変化することによっても起こる場合があります。

 

【症状】
代表的な症状は痛み、鼻水になります。
粘膜が炎症して起こっていますので鼻づまりも起こる場合があります。
鼻が詰まっているということはいびきや嗅覚低下なども起こりますし、口呼吸のみの場合には喉が渇いてしまい喉を痛めることがあります。
その場合には風邪をひきやすくなりますので注意しましょう。
他にも咳や痰、頭痛などの症状が出る場合もあります。

 

痛みの場所は4つの副鼻腔のどこが炎症が起こっているかによって異なります。
例えば前頭洞の場合にはおでこの辺りが痛みます。

 

炎症が目に進んでしまうとまぶたが腫れたり視力が落ちてしまうことがあります。
目だけでなく脳にも及んでしまうことがありますが強い頭痛や意識障害を伴うこともありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

【治療方法】
昔は蓄膿症は治らないと言われていましたが現在は多くの場合は克服することが出来ます。
基本的には薬による薬物治療が行われます。

 

クラリスやエリスロマイシンなどのマクロライド系の抗生物質を服用して治療を行っていきます。
これは細菌を殺菌するだけでなく粘膜の抵抗力を上げる効果も期待できます。

 

中に溜まってしまった鼻水を取り除く吸引を行うこともあります。
また生理食塩水で副鼻腔を洗うという洗浄方法を行っている病院もあります。

 

「病院は何科へ行けばいいのか」
大人の場合には「耳鼻科」が専門の科になります。
子どもの場合には小児科へ行きましょう。

 

【検査方法】
鼻の中や口の中を目視で検査を行い、細菌やウイルスに感染しているかを判断します。
副鼻腔炎が疑われる場合にはX線検査やCTなどによって副鼻腔の中を検査します。

 

【気を付けたいこと】
鼻をすするのはできる限り避けましょう。
優しく鼻をかむことによって鼻水を優しく出すことが出来ます。
また鼻水や鼻汁を溜めてしまうと細菌が増殖しやすい環境が作られてしまいます。

 

十分に睡眠をとることによって免疫力を高めることも大切です。
規則正しい生活、バランスの良い食事を心掛けましょう。

 

【まとめ】
最初は透明の鼻水ですが症状が進むにつれて粘りっ気や黄色っぽい鼻水になります。
その場合には悪化してしまっている可能性もありますので注意しましょう。

 

鼻づまりを放置しない、鼻の中を清潔にするなどを心掛けることによって予防になります。
一番大切なことは免疫力を向上させるということです。
これはどの病気にも言えることですが健康に気を使っていれば病気を近寄らせないことが出来ます。

 

ただし子どもの場合にはどうしても免疫力が低いですので少しの異常にも気を配りましょう。
早期発見によって早期完治が望めます。

 

おかしいと感じた場合には病院へ行くことも大切です。
このページの情報以外にも他のページに掘り下げたものも載せていますので合わせてそちらもご覧ください。

スポンサーリンク